古物商許可を取得する際に相談する相手2選

古物商許可を取得しようとすると、「分からないこと」や「確認したいこと」が少なからず出てきますが、そのような疑問を誰に相談したら良いか迷ってしまいますよね。

そんな古物商許可を取得する際に相談する相手に関する疑問は、本記事で簡単に理解できます。

本記事は、『古物商許可を取得する際に相談する相手2選』を詳しくご紹介します。

古物商許可を取得する際に相談する相手

古物商許可を取得する際に相談する最適な相手は「警察」と「古物商許可を専門としている行政書士」の二択です。

以下、その理由をご紹介します。

相談相手1:警察

古物商許可の申請に関する疑問点は、営業所の住所を管轄する警察署へ疑問点を確認することが基本です。古物商許可の申請は、営業所を管轄する警察署が窓口だからです。

なお、管轄の警察署に配属されている古物商許可の担当官の方の人数は一部の大きな警察署を除き、概ね1人~2人です。担当官の方も古物商許可の事務だけを担当している訳ではありませんので、担当官の方が外出中で不在の場合も多くあります。

担当官の方が不在の場合、疑問点をすぐに確認できませんが、そんな時に有効なのが「警察本部」に確認することです。警察本部とは、都道府県に一つある警察の本部のことです。

たとえば、弊所は「神奈川県横浜市金沢区」にありますが、弊所の住所を古物商の営業所とする場合、「管轄警察署=金沢警察署」「警察本部=神奈川県警察本部」となります。

私の経験上ではありますが、警察本部の担当者の方が疑問点を丁寧に教えてくれるイメージがあります(笑)

また、警察本部の担当官の方は基本的には古物商許可の事務をメインで対応しているため、不在としていることが少ないように思います。

基本的には「営業所の住所を管轄する警察署」へ確認するべきですが、急いで確認したい場合は、「警察本部」へも確認できるということを覚えておくと良いでしょう。

相談相手2:古物商許可を専門とする行政書士

自分で古物商許可の申請手続きをすべて対応したい場合、上記「警察」へ確認する方法が有効です。しかし、場合によっては「行政書士への依頼」も併せて検討したい方も多いのではないでしょうか。

そんな際は古物商許可の疑問点も含め、最初から行政書士に相談した方が良いでしょう。

ただし、古物商許可を専門としていない行政書士もいるため、行政書士のホームページやサイトを確認した上で相談するのがおススメです。

まとめ

いかがでしたか?

本記事では、『古物商許可を取得する際に相談する相手』を詳しくご紹介しました。これで古物商許可を取得する際に相談する相手で悩むことはありません。

古物商許可の取得を検討していて、なにか疑問点で悩んでいる方は、ぜひ参考にしてみてください。

古物商許可のご相談は、NEXT行政書士事務所まで

年間100件以上の古物商許可の取得サポート実績のある弊所が、古物商許可の取得を全力でサポートさせていただきます。

古物商許可に関するご相談は、無料で対応させていただきます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です