古物商の味方!古物市場(業者オークション)を詳しく解説!!

古物市場(業者オークション)とは、警察(公安委員会)から許可を受けた古物市場主が主催する「古物商同士が売買をする場所」です。古物市場は、古物商の資格が原則として参加条件になるため、一般の方は利用できません。

そんな古物市場(業者オークション)ですが、「古物市場(業者オークション)のメリット・デメリット」、「古物市場(業者オークション)の場所」や「古物市場(業者オークション)の利用条件」等で迷ってしまいますよね。

そんな古物市場(業者オークション)に関する疑問は、本記事で簡単に解決できます。

本記事では、『古物商の味方!古物市場(業者オークション)を詳しく解説!!』を詳しくご紹介します。

古物市場(業者オークション)のメリット

古物市場(業者オークション)のメリットは以下のとおりです。

  • 安く大量に仕入れが可能
  • 仕入れルートの安定性

安く大量に仕入れが可能

古物市場(業者オークション)では、取引の相手はすべて古物商です。そのため「古物商が在庫処分を行う場所」という側面があり、市価と比べかなり安価で古物が取引がされています。

仕入れる側の古物商としては、安く大量に古物を仕入れることが可能です。

仕入れルートの安定性

「毎日、一般客が古物を売りに来る」ことは、まれではないでしょうか? 多く仕入れることができる日もあれば、何も仕入れることができない日もあります。古物商のビジネスモデルは、よい古物を仕入れなければ安定した売り上げは望めません。したがって、一般客からの買取りだけでは “待ちの営業” になってしまいます。

一方、古物市場(業者オークション)は定期的に開催されます。多くの古物市場(業者オークション)は月1~2回の開催ですが、複数の古物市場(業者オークション)の参加すれば、それだけ仕入れルートの安定性が高くなり、“攻めの営業” が可能になります。

古物市場(業者オークション)のデメリット

古物市場(業者オークション)のデメリットは以下のとおりです。

  • 参加条件がある
  • 参加するのに費用がかかる

参加条件がある

古物市場(業者オークション)は、主催者が参加条件を設けている場合があります。たとえば「業歴」や「参加資格のある会員からの紹介」を参加条件にしているケースがあります。

参加条件は古物市場(業者オークション)ごとに違うため、「参加条件の有無」の事前確認が大切です。

参加するのに費用がかかる

古物市場(業者オークション)を利用するには、参加費用が発生する場合があります。たとえば、古物市場(業者オークション)への加盟金が30,000円、開催日ごとの参加費用が2,000円といった費用です。

参加費用は古物市場(業者オークション)ごとに違うため、「参加費用の有無・金額」の事前確認が大切です。

古物市場(業者オークション)はどこにあるか?

古物市場(業者オークション)は全国に多数存在しています。また、古物市場(業者オークション)によって扱う古物の種類が違います。たとえば、A古物市場(業者オークション)では貴金属を扱い、B古物市場(業者オークション)では中古車を扱うイメージです。

そんな古物市場の「住所・連絡先・取り扱い古物」といった情報は、以下の方法で簡単に入手できます。

  1. 公開されている情報から入手(県警HPから入手)
  2. 開示請求を利用して入手
  3. 業者からの購入して入手

公開されている情報から入手(県警HPから入手)

以下、10県では古物市場(業者オークション)の情報をインターネット上に公開しています。

群馬県

群馬県の古物市場の情報はこちら

山梨県

山梨県の古物市場の情報はこちら

神奈川県

神奈川県の古物市場の情報はこちら

静岡県

静岡県の古物市場の情報はこちら

長野県

長野県の古物市場の情報はこちら

和歌山県

和歌山県の古物市場の情報はこちら

香川県

香川県の古物市場の情報はこちら

高知県

高知県の古物市場の情報はこちら

宮崎県

宮崎県の古物市場の情報はこちら

長崎県

長崎県の古物市場の情報はこちら

開示請求を利用して入手

上記10県以外の都道府県の古物市場(業者オークション)リストは、警察本部(公安委員会)の情報公開制度を利用し、公文書として開示請求を行うことで入手が可能です。

開示請求は「警察本部長(警視総監)」宛に行います。また、行政文書等の名称は「古物市場(主)一覧」で行います。

開示請求書のひな形は各自治体によって書式が異なるため、必要な都道府県の書式をダウンロードして請求しましょう。

業者から購入して入手

自分で開示請求を行うのが面倒であれば、業者から古物商リストを購入することが可能です。

たとえば、古物商リストを販売する業者として有名なのが「古物市場1498」。自分で開示請求を行うのが面倒であれば、購入を検討してもよいでしょう。

ただし、公開されている情報や開示請求して入手した古物市場(業者オークション)リストに比べ、購入した古物市場(業者オークション)リストは情報が古い場合があるため注意が必要です。

まとめ

いかがでしたか?

本記事は、「古物商の味方!古物市場(業者オークション)を詳しく解説!!」を詳しくご紹介します。これで古物市場(業者オークション)に関して迷うことはありません。

古物市場(業者オークション)を利用したい方は、ぜひ参考にしてみてください。

古物商許可のご相談は、NEXT行政書士事務所まで

年間100件以上の古物商許可の取得サポート実績のある弊所が、古物商許可の取得を全力でサポートさせていただきます。

古物商許可に関するご相談は、無料で対応させていただきます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です