中古品(古物)の委託販売を行うには古物商許可が必要?

友人や知人から、中古品(古物)の販売を委託された。このような経験がある方も多いのではないでしょうか? しかし、中古品(古物)の販売を委託を受けて行うにも古物商許可が必要なのか迷ってしまいますよね。

そんな中古品(古物)の委託販売に関する疑問は本記事で簡単に解決できます。

本記事では、『中古品(古物)の委託販売を行うには古物商許可が必要?』を詳しくご紹介します。

そもそも“委託販売”ってどういうこと?

古物営業法上の委託販売とは、他人から依頼を受けて他人物の販売を行う行為です。

たとえば、他人の代わりにオークションサイト(ヤフオクやメルカリ等)に出品し、古物の販売を行うケースが最近は多いようです。

中古品(古物)の委託販売には古物商許可が必要

中古品(古物)の委託販売には古物商許可が必要です。これは、古物営業法で「古物営業」を以下のように規定しているからです。

古物営業法第2条第2項

古物を売買し、若しくは交換し、又は委託を受けて売買し、若しくは交換する営業であって、古物を売却すること又は自己が売却した物品を当該売却の相手方から買い受けることのみを行う物以外のもの

中古品(古物)委託販売には古物商許可が必要ないと考えがちですが、上記のとおり、委託を受けて中古品(古物)の販売を行うには、古物商許可が必要になるので注意してください。

新品の委託販売には古物商許可は不要

上記のとおり、委託販売で古物商許可が必要になるのは、中古品(古物)を委託販売する場合に限られます。したがって、原則として新品を委託販売するのに古物商許可は必要ありません。

ただし、“見た目”が新品であっても古物営業法上「古物」に該当する例外があるので注意が必要です。

使用されない物品で使用のために取引されたものとは?

古物営業法上「古物」とは、以下のものをいいます。

  1. 一度使用された物品
  2. 使用されない物品で使用のために取引されたもの
  3. これらのいずれかの物品に「幾分の手入れ」をしたもの

上記区分で、1は想像のままの古物です。たとえば、古本、古着や中古車といったものが該当します。また、3はそういった古物を手入れ(修理等)をして販売したものです。

これに対して、使用されない物品で使用のために取引されたものとは、新品を製造し、販売して利益を得ることを業としている者がその業のため取引をし、所持している場合を除いて、一般人が買ったり、贈与されたりした新品を、使用することなしに、そのまま売買、譲渡、譲受などの取引の対象となったもののこといいます。

上記内容を分かりやすくいうと、たとえば、Aさんが旅行に行く準備として「単三電池(4本入り)」を使う目的で購入したが、結局旅行先で開封せずに一度も使用しなった場合は、その「単三電池(4本入り)」は新品の状態のままです。

しかし、古物営業法上では、この新品状態のままの「単三電池(4本入り)」も古物として取り扱われるということなります。したがって、このような「“見た目”は新品でも古物に該当するもの」を委託販売する場合は、古物商許可が必要になるのです。

なお、一般の流通ルートである「製造メーカ→小売店→消費者」といったような場合には、当然ながら小売店に古物商許可は必要ありません。

まとめ

いかがでしたか?

本記事は、「中古品(古物)の委託販売に関する疑問や注意点」について詳しくご紹介しました。これで、中古品(古物)の委託販売に関して迷うことはありません。

中古品(古物)の委託販売に関することで悩んでいる方は、ぜひ参考にしてみてください。

古物商許可のご相談は、NEXT行政書士事務所まで

年間100件以上の古物商許可の取得サポート実績のある弊所が、古物商許可の取得を全力でサポートさせていただきます。

古物商許可に関するご相談は、無料で対応させていただきます。

2 件のコメント

  • 唐突ですが
     本記事に度々記されている『委託販売』なのですがチョット困惑しているので教示を願えればと思いメールさせて頂きました
    >中古品(古物)の委託販売には古物商許可が必要です。これは、古物営業法で「古物営業」を以下のように規制しているからです。
     と明記されていますが『委託販売』つまり委託をする方も古物証許可が必要ということでしょうか?
     受託販売であれば詳細通りで納得は行くのですが

  • 山田様、

    コメントいただき、ありがとうございます。
    ご質問の件に回答申し上げます。

    本記事内でも記載のとおり、委託販売とは、他人から依頼を受けて他人の物を販売する行為をいいます。
    山田様のおっしゃるとおり、日本語としては「受託販売」が正しい表記と思いますが、警察の認識は、委託販売=「他人から依頼を受けて他人の物を販売する行為」です。

    したがいまして、古物商許可が必要なのは、他人から古物の販売を委託される(受託する)者で、古物の販売を依頼する者には、古物商許可は必要ありません。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です