古物商許可の申請書をWordで作成してもいいの?注意点とは

古物商許可の申請書は、原本を警察署で入手することができる他、各都道府県警察本部のサイトからダウンロードして入手することが可能です。

しかし、ダウンロードして入手できる原本はPDFタイプのものが多く(都道府県によってはWordタイプをダウンロードできる場合もあります)、Wordで古物商許可の申請書を作成したい方にとっては、手書きで作成しなければいけないのか迷ってしまいますよね。

そんな、Wordで作成したいのに、PDFタイプしかダウンロードできない場合の対処方法があります。

本記事は、『古物商許可の申請書をWordで作成してもいいの?注意点とは』についてご紹介します。

古物商許可の申請書はWordで作成してもOK

そもそも、「古物商許可の申請書は、手書きで作成する必要があるのではないか」と疑問がある方もいると思いますが、古物商許可の申請書はWordで作成することが可能です。また、PDF編集ソフトをお持ちの方はPDFを編集して作成することも可能です。

つまり、古物商許可の申請書の作成は、「手書き」「Word」「PDF」といった様式は関係ないということです。

Wordタイプがダウンロードできない場合は“手書き”一択?

上記のとおり、古物商許可の申請書の作成は、「手書き」「Word」「PDF」といった様式は関係ありません。しかし、一般の方でPDF編集ソフトをお持ちの方は少ないため「手書き」又は「Word」で作成される方が多いのが現実です。

そこで一つ問題が発生します。

それは、都道府県によっては、PDFタイプの申請書しかダウンロードできないといった場合があるということです。

「PDFしかダウンロードできなら、手書きで作成すればいい」という考えもあるとは思いますが、「申請書の枚数が多いので、どうしてもWordで作成したい」という方もいるでしょう。

そんな時の対処方法と注意点は、以下のとおりです。

  • 東京の古物商許可申請書(Word版)をダウンロード
  • 「誓約書」「略歴書」は手書きで作成する

東京の古物商許可申請書(Word版)をダウンロード

まずは、東京の古物商許可申請書(Word版)をダウンロードしましょう。

“東京の古物商許可申請”というと「東京の申請にしか対応できない」と考えがちですが、古物商許可の申請書の内容は全国一律です。安心して使用しましょう。

なお、東京の古物商許可申請書(Word版)は「こちら」からダウンロードできます。

「誓約書」「略歴書」は手書きで作成する

上記のとおり、古物商許可の申請書の内容は全国一律です。しかし、「誓約書」と「略歴書」については、都道府県によって様式が違うことが多々あります。

したがって、「誓約書」「略歴書」については、申請を出す都道府県からダウンロードして、手書きで作成するのが無難です。

東京の書式で「誓約書」「略歴書」を作成してしまうと、かなりの確率で警察からNGがでるため注意してください。

まとめ

いかがでしたか? 今回は、「古物商許可の申請書をWordで作成したい方向けた対処法と注意点」をご紹介しました。

これで、古物商許可の申請書がPDFデータしかない場合でも、Wordで作成することができます。

古物商許可の申請書をWordで作成したい方は、ぜひ参考にしてみてください。

古物商許可のご相談は、NEXT行政書士事務所まで

年間100件以上の古物商許可の取得サポート実績のある弊所が、古物商許可の取得を全力でサポートさせていただきます。

古物商許可に関するご相談は、無料で対応させていただきます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です